効果

多嚢胞性卵巣に悩んでいる方にベジママはオススメできるのか。

ベジママは多嚢胞性卵巣を改善してくれるのか?

ベジママは多嚢胞性卵巣を改善してるという話を聞きますが本当なのでしょうか。
なぜそのようなことが言われているのかを調べてみました。

 

結論からいうと、

 

ピニトールという成分が多嚢胞性卵巣に効果がある

 

ということがアメリカで研究結果が出ているからということです。

 

ヴァージニア医科大学の研究で、PCOS患者の女性44名を集めその内22名に6〜8週間の間、カイロイノシトールを1日1回1,200mg投与しました。

他の22名には、偽薬投与を本人には伝えず行い、カイロイノシトールの効果を比較するためです。結果はカイロイノシトールを投与されたグループは男性ホルモンであるテストステロンの減少が認められ、22人中、19人が排卵したという結果が出ています。

 

対して偽薬(プラセボ群)は22名中排卵したのは6名という結果が出ました。
引用元:NCBI

 

アメリカではPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の治療法として、ピニトールを使用した研究が行われています。
それと同時に、アメリカの妊活にはピニトールが配合されたサプリメントが広く認知されています。

 

しかし、日本ではまだピニトール配合の葉酸サプリが少ないのが現状です。
ベジママは、いち早くそこに着目して配合した葉酸サプリなんですね。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)ってそもそもなに?

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣の中に小さな卵胞がとてもたくさんできてしまい、排卵が起こりにくくなる排卵障害の一種です。

 

若い女性に多く、不妊の原因にもなっている症状です。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因って?

多嚢胞性卵巣症候群の原因としてよく挙げられるのが、男性ホルモンです。
卵巣内の男性ホルモンが多くなることで起こるとされています。

 

自覚症状としては、ニキビが増えたり、毛深い場合は、これに当てはまるかもしれません。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療方法

一般的には、医師に診てもらいます。
治療は排卵誘発剤などをしようして排卵のチャンスを増やすということです。

 

また、ピニトールで血糖値を下げることで卵巣内の男性ホルモンを抑えて排卵しやすくなるのではと考えられています。