効果

ベジママには副作用はある?赤ちゃんのためにも必ず知っておこう

ベジママの副作用について解説

ベジママは葉酸の摂取を目的にして作られた葉酸サプリです。
ベジママを摂取することで副作用はあるのかを調べてみました。

 

結果からいうと、

摂取量を守ることは絶対!

ということです。

 

 

ベジママは健康食品なので、薬とは違います。
何かを治すというわけではないので、副作用自体があるわけではありません。

 

しかし、栄養素には摂取して良い上限というものがあります。

 

 

ココからはベジママの栄養素別に紹介していきます。

 

葉酸

通常、、食品から葉酸を摂取する場合は体内に蓄積されにくい水溶性ビタミンなので、尿などと排出されるために、副作用のリスクは少ないと言われています。

 

しかし、サプリなどで気軽に摂取できる場合は過剰摂取に注意が必要です。

 

 

厚生労働省が妊娠中の葉酸摂取量の目安として400㎍と言っています。
そして、1000㎍以上摂取すると過剰摂取とされます。

 

葉酸の過剰摂取でおこる副作用

葉酸を過剰に摂取してしまうと、

 

  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 不眠症
  • むくみ
  • かゆみ
  • 呼吸障害

 

などの副作用が報告されています。

 

勘違いしてはいけないのが、葉酸を過剰に摂取することで妊娠するわけではない!ということを覚えておきましょう。

 

大事なのは用法容量をしっかりと守るということです。

 

ピニトール

ベジママ特有の栄養素がピニトールですね。
ピニトールには副作用があるのでしょうか。

 

ピニトールには植物由来の天然成分で、血糖値を下げる役割が期待されています。
健康な方が服用される分には副作用は報告されていません。

 

ただし、血糖値を下げるので、糖尿病などでインスリン注射などをされている方は注意が必要かもしれません。
心配な場合は医師に相談するようにしましょう。