ベジママの成分を紹介

ベジママ,成分,ピニトール

ベジママの成分と原材料を紹介していきます。
購入前にベジママの成分をしっかりチェックしておきましょう。

 

ベジママの成分

ベジママの1日分に含まれる成分は

ピニトール(260mg) アイスプラントに含まれており、血糖値を下げる効果があるとされている栄養素です。

植物由来なので妊娠中の女性でも安心です。

葉酸(400μg) 妊娠前~妊娠中の女性に厚生労働省からも摂取を推奨されている栄養素。

ベジママには厚生労働省が推奨する1日あたり400μgの葉酸が配合されています。

ルイボス(50mg) ルイボスは活性酸素の増加を防ぐとされているルイボスティーの原料。

亜鉛・カリウム・マンガンなど豊富なミネラルを含んでおり、抗酸化作用が高いため、妊活サプリとして有効とされています。

ビタミンC(80mg) ビタミンCは抗酸化作用が高い為、妊活中のストレスの緩和や鉄分の吸収を高めてくれるビタミンです。
ビタミンE(8mg) ビタミンEはホルモンバランスを整え老化を防ぐ抗酸化作用がされているビタミンなので、妊活中はもちろん、女性にとって必要なビタミンです。
ビタミンB12(20μg) ビタミンB12は葉酸と共に赤血球をつくる為に働き、貧血予防にも良いとされているビタミン。ベジママでは相性のいい葉酸と一緒に摂取することができます。

ベジママに含まれるピニトールってなに?

ベジママ,成分,ピニトール

ベジママには他の葉酸サプリに含まれていないピニトールという成分が配合されています。
今回はピニトールを紹介していきます。

 

ピニトールと呼ばれる成分は水溶性ビタミンの一種です。
効果としては、血糖値を下げることが期待されています。

 

日本ではあまり聞いたことのないピニトールという成分ですが、アメリカではすでに多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)用のサプリとして販売されています

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは

  • 無排卵などの月経異常
  • 血中男性ホルモンの高値
  • 黄体化ホルモンの高値

などが特徴です。

 

特に血中の男性ホルモンが高くなることでインスリンが効きにくい状態になってしまい、血糖値が上昇するといった症状が出る為、不妊の原因と言われています。

 

血糖値が高いとどうなるのか?

血糖値が高いと不妊につながると言われています。
なぜ血糖値が高いと不妊につながるのでしょうか。

 

実は、血糖値が不安定になると排卵障害を引き起こしやすくなります。

 

また、血糖値が高くなると血糖値を下げるためのインスリンの分泌量が増えます。
インスリンが大量に分泌され続けるとこれも排卵に影響が出てきます。

 

排卵障害や子宮内膜症などを引き起こすことにもなるのです。

 

もちろん、ピニトールを摂取するだけで血糖値が劇的に下がりすぐに妊娠するといったものではありません。
生活習慣を見直して妊娠に悪影響を起こしていることをやめることが妊活の第一歩です。